刊行物
PUBLICATION

カートを見るカートを見る

【ダウンロード版】製品含有化学物質(CiP)管理ガイドライン第4.0版チェックシート回答作成マニュアル
◆JAMP管理ガイドライン技術委員会推奨文書

◆アーティクルマネジメント推進協議会(JAMP)管理ガイドライン技術委員会より推奨を受けています(詳細下記参照)。

3.0MB(Excel)(2021年10月)
頒価会員0円 会員外0円
政策渉外部

◆ はしがき

昨今の化学物質規制は、EUのRoHS指令やREACH規則に代表されるように、年々各国国内法による法規制が増えてきております。規制対象地域に直接製品を輸出する企業はもちろん、最終製品に組み込まれる材料や部品を提供する企業でも、顧客製品に適用される製品含有化学物質の法規制やその基準を把握し対応することが必要不可欠になっています。このような状況からも、各企業においては、設計・開発・購買・製造・引渡しなどの各段階での適正な化学物質管理が必須となるとともに、上流取引先を含めたサプライチェーン全体にその取り組みを展開していくことが急務となっています。

しかし、現状では、製品含有化学物質管理における十分な体制が構築できていない、あるいは構築する方法が分からない等の企業が存在するのも事実です。

そのような中で、適正な製品含有化学物質管理の要件をまとめた日本産業規格「JIS Z 7201:2017 製品含有化学物質管理 - 原則及び指針」が2017年12月に改正されたことを受け、製品含有化学物質管理ガイドライン第4版協働検討会(JEITAは同検討会に参加)で審議された「製品含有化学物質管理ガイドライン第4.0版」が、アーティクルマネジメント推進協議会(JAMP)より発行されました。

JEITA資材委員会のもと、2010年7月に設置された「環境監査標準化ワーキング・グループ」では、自社及び取引先双方の製品含有化学物質管理システムの監査・調査の合理化に向けて、確認項目や要求レベルを標準化すべく活動を行って参りました。

今般、このワーキング・グループの活動の成果として、「製品含有化学物質管理ガイドライン 第4.0版 附属書E:チェックシート」に対する、「チェックシート回答マニュアル」を作成し、ご紹介することといたしました。

製品含有化学物質管理システムの導入や取引先への管理システム構築要求時に教育資料や手引書として、より多くの企業に本文書をご活用いただけると幸甚です。

2021年10月29日

資材委員会
環境監査標準化ワーキング・グループ

◆本文書の位置づけ

本文書は、製品含有化学物質管理体制の自己評価を、または顧客による評価に対し、確実且つ迅速に対応できるように、管理体制評価ツールである「製品含有化学物質管理ガイドライン 第4.0版 附属書E:チェックシート」について、回答例とその解説を示す回答マニュアルを、JEITA資材委員会 環境監査標準化ワーキング・グループ参加各社の協力のもと作成しました。各企業にて製品含有化学物質管理体制の評価を行う際のご参考としてご活用ください。

【内容】
本文書の特徴は、製品含有化学物質管理体制評価を効率的且つ客観的に行うためのツールとする「製品含有化学物質管理ガイドライン 第4.0版 附属書E:チェックシート」の回答を理解頂くために、各実施内容に沿った設問に対して、あくまでも一例とする具体的な回答及びその解説をビジュアル的に記載しております。また、エクセルファイルにて、1設問ごとにシートに分けた構成となっております。

<目次>
・マニュアルについて
・連関図
・設問01~59の回答例と解説
・適合判断基準

【使用例】
各実施項目に対する回答と解説を、あくまでも一例として具体的に記載している内容となっており、以下のような場面での使用を想定しております。

・各実施項目の回答において、既に構築している各社の製品含有化学物質管理のどの内容を回答すれば良いかを理解するための参考資料
・製品含有化学物質管理体制を初めて構築する際、各実施項目の具体的な内容を一例とする参考資料
・製品含有化学物質管理体制について、各実施項目をより具体的な視点を用いた教育資料

【アーティクルマネジメント推進協議会(JAMP)管理ガイドライン技術委員会の推奨について】
・本資料は、アーティクルマネジメント推進協議会(JAMP)管理ガイドライン技術委員会により、推奨を頂いています。
 推奨理由は、以下の通りです。
 -「JAMPの理念および製品含有化学物質管理ガイドライン等の関連文書との整合性」が確認されている。
 -「製品含有化学物質管理ガイドラインの補足文書としてJAMP発行のガイダンス等の技術文書」に相当する。
・本資料は、同上委員会より「製品含有化学物質管理の推進・実践のために有効であり、サプライチェーン全体で広く活用されることが重要であると考えます」とのコメントも併せていただいています。

アーティクルマネジメント推進協議会(JAMP)管理ガイドライン掲載サイト
https://chemsherpa.net/docs/guidelines

■関連資料:「製品含有化学物質管理システム導入教育」~製品含有化学物質管理ガイドライン(第4版)の導入を考える組織及び推進者に~ はこちらから

・日本語版
 https://www.jeita.or.jp/cgi-bin/public/detail.cgi?id=761&cateid=1
・英語版、中国語版、韓国語版
 https://www.jeita.or.jp/cgi-bin/public/detail.cgi?id=790&cateid=1

■問い合わせ:https://www.jeita.or.jp/cgi-bin/form/form.cgi

刊行物についてのお問い合せは、JEITAサービスセンターまでお願いします。
TEL:03-5218-1086 FAX:03-3217-2725 E-mail:support@jeita.or.jp