事業内容
BUSINESS ACTIVITIES

市場創出

共創と競争によるイノベーションを促し、
新たな市場を生み出すための事業

業種業界を超えた共創を生み出すことで、
新たな市場の創出を目指しています。
優れたテクノロジーやサービス、製品が集うイベントや
各種プログラムの実施を通じて、Society 5.0を推進しています。

CEATEC

CEATECは、2000年に第1回を開催して以降、デジタル家電見本市として発展しましたが、2016年に脱・家電見本市を宣言して、「IoT」と「共創」で未来の社会や暮らしを描く「Society 5.0の総合展」へと大きく生まれ変わりました。会員をはじめ、海外やベンチャーなどの企業や団体が一堂に会して、未来に向けたテクノロジーや最先端のサービス・製品を披露しています。また、キーノートスピーチから専門的なセッションに至るまで、Society 5.0にまつわる幅広いテーマのコンファレンスを実施しています。CEATECは日本発の「イノベーションショーケース」として、Society 5.0の実現を推進しています。

CEATEC

CEATEC 2020

Inter BEE

国内随一の音・映像と放送・通信のプロフェッショナル展として、1965年より放送メディアの発展と共に歩んできたInterBEE。コンテンツを中核に「つくる(制作)・おくる(伝送)・うける(体験)」の全てを網羅したメディア総合イベントとして、着実に歩みを進めています。最新のイノベーションが一堂に会し、幅広いユーザーとのビジネストレード、情報交流・人的交流に活用されています。メディアとエンターテインメント産業の未来を発見・創造する展示会です。

Inter BEE

Inter BEE 2020

JEITA ベンチャー賞

JEITAベンチャー賞は、電子情報技術産業の総合的な発展のみならず、経済発展への貢献が期待されるベンチャー企業を表彰するもので、ベンチャー企業の支援とともに、会員とベンチャー企業との共創・連携・エコシステムの構築を目的としています。2016年3月の創設以来、第1回は8社、第2回 は7社、第3回 は6社、第4回 は3社、第5回は8社がそれぞれ受賞しており、第6回はデジタル技術やAI活用によるDXの実現、ならびにウイルス感染防止対策の技術やソリューションを有する企業など、7社のベンチャー企業を選出しました。

第6回JEITAベンチャー賞 受賞企業
・ アイポア株式会社
・ エアロシールド株式会社
・ HMS株式会社
・ ナレッジオンデマンド株式会社
・ 株式会社ファームシップ
・ 福島SiC応用技研株式会社
・ LiLz株式会社

共創プログラム

Society 5.0を実現するためには、さまざまな業種や産業のステークホルダーが社会のグランドデザインを共に描き、各々の先進的な取り組みを掛け合わせる「共創」により、経済の発展と社会課題の解決を図ることが重要です。JEITAでは、デジタル技術や多様なデータを駆使した新たなサービスの創出・社会実装につながる取り組みを推進しており、その一環として、多種多様な企業等との共創をベースに市場創出と課題解決を目指す「JEITA共創プログラム」を2018年より開始しました。「ALAN(Aqua Local Area Network)コンソーシアム」の設立・運営のほか、「5G利活用型社会デザイン推進コンソーシアム」やオープンイノベーションにより先端技術と革新的サービスの社会実装に取り組む自治体等との連携など、既存の枠組みを越えた共創を推進しています。