事業内容
BUSINESS ACTIVITIES

市場創出

共創と競争によるイノベーションを促し、新たな市場を生み出すための事業

IT・エレクトロニクス業界と「異業種」「海外」「ベンチャー」との共創を生み出すことで、新たな市場の創出を目指しています。
優れたテクノロジーやサービス、製品が集う国際展示会や表彰の実施等を通じて、Society 5.0を推進しています。

CEATEC JAPAN

CEATEC JAPANは、毎年10月に開催している「CPS/IoTの総合展」です。会員企業をはじめ、海外やベンチャーなど650を超える企業や団体が一堂に会して、未来に向けたテクノロジーや最先端のサービス・製品を披露しています。展示は活用シーンごとにエリア構成することで、Society 5.0が実現された未来を体感できるようになっています。また、展示エリアだけではなく、4日間で150近いコンファレンスを開催しており、基調講演から専門的なセッションに至るまで、CPS/IoTにまつわる幅広いテーマで実施されています。さらに、近年はIT・エレクトロニクス産業だけにとどまらず、CPS/IoTを活用するモビリティ、金融、ヘルスケア、農業など、様々な産業からの出展が相次いでおり、異業種との共創が加速しています。CEATEC JAPANは第四次産業革命をリードする日本発の「イノベーションショーケース」として、Society 5.0の実現を推進しています。

CEATEC
Inter BEE

音と映像と通信のプロフェッショナル展「Inter BEE」は、1965年より放送メディアの発展と共に歩み、2018年で54回目となります。この半世紀で、放送メディアは白黒からカラーへ、アナログからデジタルへ、SDTVからHDTVへと成長発展を重ね、2018年は新4K・8K衛星放送がスタートを切ります。これからのInter BEEは、コンテンツを「つくる(制作)」「おくる(伝送)」「うける(体験)」の技術要素を網羅したメディア総合イベントを目指し、世界から日本に注目が集まる2020年に向け、「新たなメディアの可能性を世界に伝えよう。」という思いをスローガンに開催します。

Inter BEE
JEITA ベンチャー賞

JEITAベンチャー賞は、電子情報技術産業の総合的な発展のみならず、経済発展への貢献が期待されるベンチャー企業を表彰するもので、ベンチャー企業の支援とともに、会員企業とベンチャー企業との共創・連携・エコシステムの構築を目的としています。2016年3月の創設以来、第1回は8社、第2回は7社、第3回は6社のベンチャー企業がそれぞれ受賞しています。

JEITA ベンチャー賞