お知らせ
INFORMATION

電子情報産業の世界生産見通し2018の発表について

2018.12.18

一般社団法人 電子情報技術産業協会
 

●2018年の世界生産額は2兆9,345億ドル(対前年比8%増)で過去最高を更新、2019年もプラス成長が続き史上初の3兆ドル超えとなる見込み
●電子部品、半導体、ソリューションサービスはいずれも2018年、2019年と過去最高となる世界生産額を記録する見込み
●2018年の日系企業の世界生産見通しは39兆946億円(対前年比1%増)、
 2019年も同程度の伸びを見込み、プラス成長が続く見通し



一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA:代表理事/会長 柵山 正樹 三菱電機株式会社 取締役会長)は、本日、電子情報産業の世界生産見通しを発表しました。本調査は2007年より継続して実施しているもので、世界の電子情報産業の生産規模をデータにより明確にするとともに、世界における日系企業の位置づけを把握することを目的として、会員各社を対象としたアンケート調査の結果を取りまとめて推計しています。


電子情報産業の2018年の世界生産額は、前年比8%増となる2兆9,345億ドルで、過去最高の更新が見込まれています。世界経済において貿易摩擦などの不透明要素はありますが、クラウドサービスの拡大によるソリューションサービスの需要拡大、IoT化の進展に伴う大容量データの高速処理のニーズ拡大などによって、過去最高の世界生産額を記録する見込みとなった半導体、電子部品およびソリューションサービスが全体を牽引しました。世界経済や半導体景気への懸念はあるものの、今後もソリューションサービスや電子部品、半導体が伸長し、プラス成長が続く見込みで、2019年は史上初めて3兆ドルを突破する見通しです。


2018年の海外生産分を含む日系企業の世界生産額は、前年比1%増の39兆946億円とプラス成長が見込まれています。車の電装化率向上による半導体や電子部品搭載数の飛躍的増加や働き方改革や生産性向上に向けた法人向けのパソコンや情報端末の需要が好調に推移していることなどが要因です。国内生産額は対前年0.5%増となる11兆9,640億円で、プラス成長となる見込みです。今後も、2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会などに向けたインフラ整備の進展や、半導体や電子部品の搭載数増加などによる継続的な成長が見込まれていることから、2019年の日系企業の世界生産額は前年比1%増となる39兆6,495億円を見込んでいます。パソコンの買い換え需要が期待できることから、2019年の国内生産額も前年比2%増となる12兆1,530億円とプラス成長を見通しています。


JEITA は2017年度より、サイバー空間と現実空間との情報連携により、新たな価値が生まれ、社会全体の最適化がもたらされる、世界に先駆けた超スマート社会の実現「Society 5.0」の推進を事業指針として掲げています。電子情報産業はSociety 5.0の実現を支える基幹産業であり、他のあらゆる産業との共創を進めることで、さらなる成長が見込める産業です。JEITAは国や各種機関・会員各社と連携し、わが国が直面する社会的課題の解決と新たなビジネスの創出に取り組んでまいります。今後の取り組みにつきましては、随時発表いたします。



■無償公開の数字/グラフ/分析コメントはこちら【概要PDF】
 ・日本語版
 ・英語版(準備中)
※上記の無償公開の範囲内においては、出典を明記していただければ、転載自由と致します。広くご活用いただければ幸いです。






(ご参考・関連するデータ等)
■刊行物案内
 ・電子情報産業の世界生産見通し2018
 ・注目分野に関する動向調査2018
■講演会案内
 ・新春 電子情報産業の世界生産見通し講演会【東京2019.1.23】
 ・新春 電子情報産業の世界生産見通し講演会【大阪2019.1.25】