刊行物
PUBLICATION

カートを見るカートを見る

IoT、AIを活用した‘超スマート社会’実現への道
~世界各国の政策と社会基盤技術の最新動向~

A4判210ページ(2017年6月発行)
頒価会員102,600円 会員外102,600円
情報・産業システム部

2015年頃より、IoT(Internet of Things)や人工知能(AI)が注目され始め、これらの技術を使って家電や自動車など
あらゆるモノがネットワークにつながり、効率的な社会を創造することが期待されている。

平成28(2016)年、第5期科学技術基本計画が閣議決定され、この中で、サイバー空間と現実社会が高度に融合した未来社会を総称して「超スマート社会」と呼んでいる。スマート社会の実現に向けて各国では、効率的な都市の構築に向けた実験が始まっている。日本においては、2011年に発生した東日本大震災をきっかけとしたエネルギー問題が注目され、エネルギー効率の良い都市の構築に向けて各種の取り組みがなされている。

本書は、一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)スマート社会ソフトウェア専門委員会が2012(平成24)年度から
5年間、超スマート社会に関する国内外の動向について調査したレポートをもとにまとめたものである。

・スマートさとは何か
・国内外のスマート社会関連プロジェクトの動向
・スマート社会において重要な技術開発をしているベンチャー企業の調査
・超スマート社会構想(Society 5.0)を実現するためのソフトウェアコンセプト
 'Software Defined Society(SDS)'
・人工知能(AI)とデータ流通促進の取り組み
・異なる産業間での超スマート社会システムが連携するためのビジネスモデル
・フレームワークとユースケースの検討

など、「超スマート社会」を実現するうえで、情報通信分野の視点で重要な情報をコンパクトに整理している。

販売元 : 株式会社インプレス(出版営業部 TEL:03-6837-4634)
お申し込みはこちらから

刊行物についてのお問い合せは、JEITAサービスセンターまでお願いします。
TEL:03-5218-1086 FAX:03-3217-2725 E-mail:support@jeita.or.jp