中文ENGLISH中文    会員サイトへ アクセス
HOME > 刊行物 > 電子部品 > 2024年までの電子部品技術ロードマップ
〜変化する将来の生活環境と世界をリードする電子部品の動向〜
刊行物
購入一覧
電子部品
2024年までの電子部品技術ロードマップ
〜変化する将来の生活環境と世界をリードする電子部品の動向〜
A4判 350頁(2015年2月発行)
頒価  会員 8,640円  会員外 12,960円
電子部品部

電子部品部会 技術・標準戦略委員会 部品技術ロードマップ専門委員会では、2013年に発行した「2022年までの電子部品技術ロードマップ」を全面改訂し、「2024年までの電子部品技術ロードマップ」として取りまとめました。
今回のロードマップでは、注目するフィールドとして「ヒューマンライフ」、「モビリティ」、「エネルギー」、「スマートアグリ」を取り上げ解説しております。
また、電子部品については、「インダクタ」、「コンデンサ」、「抵抗器」、「LCR部品共通課題」、「EMC部品(含むESD部品)」、「無線モジュール」、「コネクタ」、「入出力デバイス」、「センサ・アクチュエータ」、「電源」、「電子部品材料」における最新動向を取りまとめました。
さらに、「医療・介護・ヘルスケア」および「ロボット」をトピックスとして掲載しております。
注目するフィールド
・「ヒューマンライフ」(ブロードバンド、スマートフォン、放送サービスの高度化、住設、エンターテインメント 等)
・「モビリティ」(環境対応車、コネクティッドビークル、自動運転 等)
・「エネルギー」(新たなエネルギー源、スマートなエネルギー消費)
・「スマートアグリ」(食の安全と安心、食の安定供給)
電子部品
・インダクタ
・コンデンサ
・抵抗器
・LCR部品共通課題
・EMC部品(含むESD部品)
・無線モジュール
・コネクタ
・入出力デバイス
・センサ・アクチュエータ
・電源
・電子部品材料
トピックス
・医療・介護・ヘルスケア
・ロボット



※バックナンバー

 

Copyright ©2016 JEITA All Rights Reserved.