中文ENGLISH中文    会員サイトへ アクセス
HOME > 刊行物 > 電子部品 > 2022年までの電子部品技術ロードマップ 〜変化する将来の生活環境と世界をリードする電子部品の動向〜
刊行物
購入一覧
電子部品
2022年までの電子部品技術ロードマップ 〜変化する将来の生活環境と世界をリードする電子部品の動向〜
A4判 350頁(2013年2月発行)
頒価  会員 5,142円  会員外 10,285円
電子部品部

電子部品部会 技術委員会 部品技術ロードマップ専門委員会では、2011年に発行した「2020年までの電子部品技術ロードマップ」を全面改訂し、「2022年までの電子部品技術ロードマップ」として取りまとめました。
今回のロードマップでは、注目するフィールドとして「ヒューマンライフ」、「モビリティ」、「エネルギー」を取り上げ解説しております。
また、電子部品については、「インダクタ」、「コンデンサ」、「抵抗器」、「LCR部品共通課題」、「EMC部品(含むESD部品)」、「高周波デバイス」、「コネクタ」、「入出力デバイス」、「センサ・アクチュエータ」、「電源」、「電子部品材料」における最新動向を取りまとめました。
さらに、「ヘルスケア」、「サポートロボット」および「少子高齢化」をトピックスとして掲載しております。
注目するフィールド
・「ヒューマンライフ」
  - スマートフォン、タブレット
  - かしこい家電
  - スマートテレビ/ディスプレイ
  - エンターテイメント
  - 住宅設備
  - 住宅照明
・「モビリティ」
  - モビリティの将来動向
  (環境対応車、電動パーソナルモビリティ、コネクティッドビークル(クラウドにつながる車)、自動運転、モビリティの将来像)
  - 注目するシステムと電子部品
  (EVの充電システム、ワイヤレス給電、車載充電器、BMS(Battery Management System:バッテリーマネジメントシステム)、
  インバータ、DC/DCコンバータ、エネルギー回生システム)
・「エネルギー」
  - 背景
  - 社会全体のエネルギーマネジメント
  - スマートビルディング・スマートファクトリー
  - スマートハウス
  - エネルギーハーベスティング
  - エネルギー給電方法
電子部品
・「インダクタ」技術動向、今後の動向
・「コンデンサ」技術動向、今後の動向
・「抵抗器」技術動向、今後の動向
・「LCR部品共通課題」技術動向、今後の動向
・「EMC部品(含むESD部品)」技術動向、今後の動向
・「高周波デバイス」技術動向、今後の動向
・「コネクタ」技術動向、今後の動向
・「入出力デバイス」技術動向、今後の動向
・「センサ・アクチュエータ」技術動向、今後の動向
・「電源」
  - 電源とは
  - 直流安定化電源の使われ方
  - 直流安定化電源の制御方法
  - 直流安定化電源の回路例
  - DC/DCコンバータの構成
  - 直流安定化電源の使用部品動向
  - 電源の今後の動向
・「電子部品材料」
  - リチウムイオン電池材料
  - 電力変換材料
  - 軟質磁性材料
  - レアアース
  - 圧電材料
  - 医療・ヘルスケアにかかわる電子材料
トピックス
・「ヘルスケア」
  - ヘルスケア機器の例
  - モバイルヘルス
  - ヘルスケア機器の今後の課題
  - ヘルスケアの今後の動向
  - 参考文献
・「サポートロボット」
  - メンタルをサポートするロボット
  - ライフケア・ライフサポート
  (歩行アシストカー「KeePace」の紹介、ロボットスーツ「HAL」
   の紹介、トヨタの「パートナーロボット」の紹介)
・「少子高齢化」
  - 女性の社会進出
  - 高齢者の生産性向上対応



※バックナンバー

 

Copyright ©2016 JEITA All Rights Reserved.