中文ENGLISH中文    会員サイトへ アクセス
HOME > 刊行物 > 全般 > 電気用品安全法「リチウムイオン蓄電池」の法令解釈と解説−AV機器編−
刊行物
購入一覧
全般
電気用品安全法「リチウムイオン蓄電池」の法令解釈と解説−AV機器編−
A4判 89頁(2009年3月発行)
頒価  会員 3,086円  会員外 5,142円
総合企画部(安全担当)

改正電気用品安全法(2008年11月20日施行)により、リチウムイオン蓄電池は電気用品として規制が開始された。
従来の電気用品が機械器具類であったのと異なり、リチウムイオン蓄電池は部品又は消耗品の範疇に属するものといえ、事故の未然防止の見地から独特な取り扱いや解釈が存在するため、解説書としてまとめた。



 

Copyright ©2016 JEITA All Rights Reserved.