統計資料
STATISTICS

検索エンジンご利用にあたって

2019年 民生用電子機器国内出荷実績(金額)

4月の概況

民生用電子機器の4月国内出荷金額は957億円(前年比97.2%)となった。


映像機器は420億円(前年比93.4%)となった。


オーディオ関連機器は77億円(前年比110.0%)となった。


カーAVC機器は459億円(前年比99.0%)となった。

※ 2018年4月より薄型テレビの品目定義を変更(有機ELテレビを追加)したため、2019年3月までの民生機器計、映像機器、薄型テレビの前年比は参考値
※ 有機ELテレビの2019年3月までの前年比は、2017年7月から実施した臨時統計から算出
※ 民生機器計、映像機器計、薄型テレビ(薄型テレビ計、50型以上、4K(対応)、ハイブリッドキャスト対応)の2019年3月までの前年比は、2017年7月から実施した臨時統計(有機ELテレビ)を合算した数値より算出

 
製品別の動向
  • 薄型テレビは332千台(前年比107.8%)となった。サイズ別では、29型以下が69千台(前年比113.5%)、30~39型が87千台(前年比106.5%)、40~49型が99千台(前年比102.9%)、50型以上が76千台(前年比111.0%)となった。サイズ別構成比は、29型以下が20.9%、30~39型が26.2%、40~49型が29.9%、50型以上が23.1%となった。
  • 4K(対応)テレビは147千台(前年比116.1%)となった。薄型テレビに占める割合は44.4%となった。4K(対応)テレビの出荷金額は206億円、薄型テレビの出荷金額275億円に占める割合は74.7%となった。
  • ハイブリッドキャスト対応テレビは143千台(前年比97.3%)、薄型テレビに占める割合は43.1%となった。
  • 有機ELテレビは出荷数量17千台、出荷金額48億円となった。
  • 新4K8K衛星放送対応テレビ※1 は出荷数量62千台、出荷金額82億円となった。発売開始からの累計出荷台数は493千台、累計出荷金額は744億円となった。
  • 新4K8K衛星放送対応チューナ※2 は出荷数量2千台、出荷金額1億円となった。発売開始からの累計出荷台数は202千台となった。※3
※1 新4K8K衛星放送の受信機能を有する薄型テレビ(薄型テレビの内数)
※2 新4K8K衛星放送の受信機能を有するチューナ
※3 累計出荷金額は、JEITA統計ルールに則り公表できない
  • BDレコーダ/プレーヤは165千台(前年比101.1%)と2ヶ月連続でプラスなった。
  • デジタルビデオカメラは34千台(前年比82.8%)となった。
※ 新4K8K衛星放送対応レコーダは、JEITA統計ルールに則り公表できない
  • システムオーディオは101千台(前年比 114.4%)と2ヶ月ぶりにプラスとなった。
  • スピーカシステムは82千台(前年比 202.8%)と12ヶ月連続でプラスとなった。
  • ICレコーダは78千台(前年比 108.4%)と5ヶ月ぶりにプラスとなった。
  • ラジオ受信機は105千台(前年比 109.2%)と2ヶ月ぶりにプラスとなった。
  • ステレオヘッドホンは646千台(前年比 85.3%)となった。
  • カーナビゲーションシステムは484千台(前年比102.7%)と2ヶ月ぶりにプラスとなった。
  • カーAVメインユニットは220千台(前年比115.1%)と6ヶ月連続でプラスとなった。
  • カースピーカは2,157千台(前年比 107.2%)と2ヶ月ぶりにプラスとなった。
  • ETC車載ユニットは275千台(前年比97.6%)となった。ETC2.0(DSRC)対応車載ユニットは69千台(前年比113.0%)と12ヶ月連続でプラスとなった。

※ 2018年4月より薄型テレビの品目定義を変更(有機ELテレビを追加)したため、2019年3月までの民生機器計、映像機器、薄型テレビの前年比は参考値
※ 有機ELテレビの2019年3月までの前年比は、2017年7月から実施した臨時統計から算出
※ 民生機器計、映像機器計、薄型テレビ(薄型テレビ計、50型以上、4K(対応)、ハイブリッドキャスト対応)の2019年3月までの前年比は、2017年7月から実施した臨時統計(有機ELテレビ)を合算した数値より算出