Activity
活動報告関西支部

2020年関西電子業界新年賀詞交歓会

関西支部は1月8日(水)に大阪のリーガロイヤルNCBで、(一社)KEC関西電子工業振興センター、近畿地区家電流通協議会、全国電機商業組合連合会近畿地区協議会、組込みシステム産業振興機構との共催により2020年関西電子業界新年賀詞交歓会を開催しました。

開会にあたり、主催5団体を代表し、当支部・長榮周作 支部長(パナソニック(株)取締役会長)より挨拶がありました。

長榮支部長挨拶

長榮支部長挨拶

昨年を振り返りますと、新天皇陛下が即位され、令和の時代がスタートしました。6月にはG20大阪サミット、秋にはラグビーワールドカップが開催され、ラグビーでは日本の活躍が「ONE TEAM」のスローガンと共に大きな話題となりました。一方で、台風15号をはじめ多くの自然災害も発生しております。被災された皆様が一日も早く元の生活を取り戻せるよう、心より祈念する次第でございます。
世界に目を向けますと、米中貿易摩擦は昨年末に第一段階の合意が発表され、英国のEU離脱も確実となりました。日韓関係ではようやく対話が再開されましたが、いずれも先行きは不透明で、引き続き注視していく必要があります。
日本では、消費増税の影響は限定的との見方が多数を占めている他、輸出も遠からず底を打つと思われますが、内需は引き続き力強さに欠けるというのが実感ではないでしょうか。
本年はいよいよ東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。景気には、マインド的な高揚も影響すると思いますので、大きな盛り上がりを期待したいと思います。オリンピック・パラリンピックは、Society 5.0に向け、大きく踏み出す機会でもあります。5年後の大阪・関西万博を目標に、IoT、ビッグデータ、AI、5Gなどの新たな技術を活用し、あらゆる産業と連携していく必要があります。
JEITA関西支部でも、「技術セミナー」の開催などにより、新たな技術に関わる最新の情報を発信していきます。また、Society 5.0に求められる人材の育成に向け、大学における「JEITA関西講座」や、小学生の「ものづくり教室」も充実させてまいります。本日の主催5団体におきましても、共に連携し、ご臨席の皆さまのお力もお借りしながら、地域の活性化に貢献してゆく所存ですので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

近畿経済産業局・米村局長様

長榮近畿経済産業局・米村局長様支部長挨拶

続いて、来賓を代表して米村 猛 近畿経済産業局長ならびに佐々木祐二 近畿総合通信局長よりご祝辞をいただき、祝電披露の後、(一社)KEC関西電子工業振興センターの宮部義幸 会長(パナソニック(株)専務執行役員)の発声で乾杯を行いました。

近畿総合通信局・佐々木局長様

近畿総合通信局・佐々木局長様

1時間弱の歓談を経て、全国電機商業組合連合会近畿地区協議会の牧野伸彦 会長の中締めにより会を終了しました。約240名の参加があり、一年のスタートにふさわしい賑やかな会となりました。