Activity
部品・デバイス部活動報告

2019WSC厦門会議(第23回)概要

世界の6極(日本、米国、欧州、韓国、中国、チャイニーズタイペイ)半導体企業の最高経営責任者(CEO)クラスの参加による世界半導体会議(World Semiconductor Council、以下、WSC)を、本年は中国・厦門(アモイ)にて開催しました。

■開催日程
会期:2019年5月21日(火)~5月24日(金)
場所:Xiamen Sieview Resort (中国・厦門)
日程:5月21日:JSTC–C/TF, JSTC-Bi
5月22日:JSTC、5月23日:WSC、5月24日:JSTC

半導体分野では通商、環境、知的財産権等の国際的課題に関し、6極が半導体業界として共通に対処するための国際協議・調整のスキームが確立しています。
年3回、JSTC会合(2月)、WSC/JSTC会合(5月)、GAMS/JSTC会合(10月)があり、一堂に会し課題対応にあたるように運営されています。

部品・デバイス部1 今回のWSC議長は、主催国である中国の半導体工業会の代表であるSMIC社のCo-CEOの赵海军(Zhao Haijun)氏が務めました。
日本からは、JEITA半導体部会の役員である、ソニー株式会社 執行役員コーポレートエグゼクティブ上田康弘氏、東芝メモリ株式会社 副社長執行役員 早坂伸夫氏、ルネサスエレクトロニクス 執行役員常務 真岡朋光氏の3名がWSC-Jとして参加し、JSTC-Jとしては三井委員長以下5名、事務局としてJEITA

部品・デバイス部2 北川部長以下2名、弁護士として加藤弁護士が参加しました。
続いて主な案件についてご紹介いたします。

通商関係

地域支援プログラム

半導体産業に対する政府の支援は透明かつ開かれていて、保護主義や差別的または通商に悪影響を及ぼすものであってはならないとのWSCの見地から、更なる情報の開示に向けた取り組みと2019年10月GAMS※1ハワイ会議に向けた政府への働きかけを継続することに合意しました。

暗号認証

各極の暗号認証や規則・規制について、WSCの提唱する透明性と非差別性を強調する暗号化原則と整合しているかを測る自己評価に基づいて、各極での同原則順守の推進を引続き唱道していくことを確認しました。

租税と関税

WSCは関税障壁の撤廃、自由貿易の促進のため、ITA※2ならびにITA拡大に関する、製品や地域を拡充する取り組みや、半導体製品の速やかな無税化の実現に向けて、各国政府およびWTO※3への働きかけを行っています。WSCは、半導体ベースの変換器を包含する半導体関税分類が、HS2022改正(関税分類の2022年改正)で施行されるよう活動しています。また、WTOの電子送信に対する関税不賦課のモラトリアムの継続をGAMSに働きかけていきます。さらに、同一半導体製品が国によって異なる関税分類として扱われている問題について、WSCは、新たな半導体の定義の議論も含め、GAMSやWCO※4と協力して解決の道を探っています。

知的財産権の保護

WSCは、特許の質の改善、特許訴訟濫用防止、営業秘密保護の3つの領域で継続的な活動を行っています。今回、特許訴訟濫用防止のベストプラクティス10項目の各極状況を確認し、ベストプラクティスに対する継続的なサポートとともに、営業秘密流出防止に関する取り組みをGAMSに働きかけていきます。

反模倣品啓発活動

WSCとして、半導体模倣品の存在が、社会生活における健康・安全に与える危険性を周知する活動を継続していくことを確認しました。

環境

WSCは、健全で積極的な環境政策の実践に努めています。半導体製造に用いる温室効果ガスであるPFC排出量の2018年における生産面積原単位は、2010年比18%削減となったことを報告しました。また、化学物質の規制への対応はWSC全体で協調して継続した取り組みとして行っていくことを確認しました。

WSC2.0/マーケット/成長イニシアティブ

部品・デバイス部3 今回は、マーケットレポートに加えCEOが参加する「自動運転車と半導体の融合」をテーマとするパネルセッションが開催され、6極のCEOから半導体の重要性と将来性について活発な意見が述べられました。
以上に加えてWSCは、世界的な貿易を前提としている半導体産業の成長に影響を及ぼす可能性のある種々の規則の動向に大きな関心を持っています。
WSCでは、今回の結果として共同声明(英文)を採択し、追って、Webサイト(http://www.semiconductorcouncil.org/wsc/)に掲載します。

今後の予定

次回のWSCは2020年5月に台湾・台北で開催される予定です。

(参考)WSC:1996 年8 月の日米半導体協定の終結を受けて、既にグローバル化していた半導体のビジネスを反映して、多極の場で世界の半導体業界の共通問題について協議することが必要との認識に基づき、日米業界でWSC の設立に合意、1997 年4 月に日米欧韓の半導体業界が参加してWSCの最初のミーティングをハワイで開催、今回で23回目となる。
WSCのWeb サイト: http://www.semiconductorcouncil.org/wsc/

※1 GAMS: Governments/Authorities Meeting on Semiconductors、半導体に関する政府/当局間会合 ※2 ITA:Information Technology Agreement、IT 製品の関税撤廃を定めた情報技術協定 ※3 WTO: World Trade Organization、世界貿易機関 ※4 WCO: World Customs Organization、世界税関機構