事業内容
BUSINESS ACTIVITIES

調査統計

幅広い製品分野の動向をタイムリーに
把握するための調査統計事業

会員の協力を得て「業界統計」を実施し、
ホームページ等で公開しています。
業界統計の種類は多岐にわたり、業界動向を知るための経済指標として
広く活用されています。
また「分野別市場動向調査」や「見通し調査」「データ集」
などの各種レポート類は、
業界の動向把握や政策立案の基礎資料として役立てられています。

世界生産見通し

電子情報産業の世界生産見通し額と翌年の見通しを毎年12月に発表しています。JEITAの各製品部会の総力をあげてまとめた業界全体を俯瞰した唯一のデータです。世界の動きを把握するとともに、世界の中での日系企業の位置づけや、国内生産の状況を各製品毎に分かりやすく解説しています。世界生産10年の推移や産業規模と見通しをグラフで見える化、その年のホットな成長トピックスをお届けしています。

世界生産見通し
センサ・グローバル
状況調査

デジタル技術を活用したビジネスモデルや、業務を変革するDX推進が加速する中で、センサは情報収集を担う重要な役割を果たしています。また、キーデバイスとして成長著しいことから、2012年に注目分野のテーマとして初めて 「センサ」を取り上げました。以降毎年、グロー バル出荷額を継続的に調査、2019年の出荷額 は2兆円規模に迫る勢いです。センサは日系企業が強みを発揮できる分野であり、デジタル社会において、さまざまな事象をデータ化するためのデータ収集を担うキーデバイスとして、非常に重要な位置づけにあります。

センサに関する統計資料
  • ・JEITAセンサ・グローバル状況調査(出荷実績・毎年)
  • ・電子部品グローバル出荷統計(毎月)
  • ・電子部品技術ロードマップ(技術動向解説・2年毎)
  • ・注目分野に関する動向調査2015(世界需要予測と日系シェア)
  • ・世界半導体市場統計(世界需要予測・年2回)*WSTS日本協議会