事業内容
BUSINESS ACTIVITIES

調査統計

幅広い製品分野の動向をタイムリーに把握するための調査統計事業

会員企業の協力を得て「業界統計」を実施し、ホームページ等で公開しています。
業界統計の種類は多岐にわたり、業界動向を知るための経済指標として広く活用されています。
また「分野別市場動向調査」や「見通し調査」「データ集」などの各種レポート類は、
業界の動向把握や政策立案の基礎資料として役立てられています。

世界生産見通し

電子情報産業の世界生産見通し額と翌年の見通しを毎年12月に発表しています。JEITAの各製品部会の総力をあげてまとめた業界全体を俯瞰した唯一のデータです。世界の動きを把握するとともに、世界の中での日系企業の位置づけや、国内生産の状況を各製品毎に分かりやすく解説しています。2017年版では各論でも世界生産10年の推移をオールカラーグラフでまとめるなど、データと解説により、その年のホットな成長トピックスをお届けしています。

世界生産見通し
ソリューションサービス
市場規模調査

CPS/IoTでは、様々な利活用分野での新たな価値創造が主要命題となっており、まずは足元の利活用分野別の状況を把握し、その傾向を発信していくことがきわめて重要となります。ソリューションサービスの年間グローバル売上額は2016年度で7.2兆円を超え、拡大傾向にあります。JEITAではソリューションサービスの国内売上額を7つの利活用分野別に把握する調査を初めて実施して、金融・流通・製造・社会インフラ・サービス・公務など幅広い分野別状況の見える化を行いました。

ソリューションサービスに関する資料
  • ・国内企業の「IT経営」に関する調査
  • ・ソリューションサービス事業分野における働き方改革の
     取組みについて
  • ・ITサービス開発・運用プロセスの検討 調査報告書
  • ・ITサービス政府調査に関する調査報告書
  • ・ソフトウェアに関する調査報告書
  • ・IoT、AIを活用した`超スマート社会'実現への道