中文ENGLISH中文    会員サイトへ アクセス
プレスリリース

一般社団法人ヘルスソフトウェア推進協議会がGHS開発ガイドライン適合宣言書の登録受付を開始

一般社団法人ヘルスソフトウェア推進協議会
(Good Health Software promotion council (GHS))


 一般社団法人ヘルスソフトウェア推進協議会(会長 設楽 哲)(Good Health Software promotion council (以下GHS))は、2015年1月20日より、GHS開発ガイドライン適合宣言書の登録受付を開始いたしました。
 ヘルスソフトウェア製造・販売事業者は、GHS開発ガイドラインに準拠して開発されたソフトウェアであることを自己宣言し、GHSに適合宣言書を登録すると、GHSマークが付与されます。ヘルスソフトウェアの利用者は、GHSマークが製品等に表示されていることを確認、もしくは、GHSのホームページで確認することにより、その製品がGHS開発ガイドラインに適合していることを知ることができます。
 GHSマークには、宣言されたガイドラインの適合レベル Level-1〜3、および、登録番号が同時に表示されます。
 ヘルスソフトウェアを利用される方々が「安全に、かつ、安心」して製品を利用できるように、また、ヘルスソフトウェア産業が発展するように、今後も、GHSは教育・普及活動を推進してまいります。
 1.GHSマークのデザインおよび意図について
 2.適合宣言書の登録申請について
 3.適合宣言書の登録に関する料金について
 4.GHS開発ガイドラインについて
 5.今後の計画
の詳細につきましては、本リリースpdfをご覧ください。
【一般社団法人ヘルスソフトウェア推進協議会(GHS)について】
 一般社団法人ヘルスソフトウェア推進協議会(GHS)は、一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)、一般社団法人日本画像医療システム工業会(JIRA)、一般社団法人保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)の3団体が発起人となり、GHS開発ガイドラインを制定するとともに、業界自主ルールを定め、その普及を促進するために、2014年8月1日に設立されました。
【本件に関するお問合せ先】
 一般社団法人ヘルスソフトウェア推進協議会
 (英語名:Good Health Software Promotion Council 、略称:GHS)
 所在地 東京都千代田区大手町一丁目1番3号
 事務局 TEL: 03-3217-2555
        E-mail:info@good-hs.jp
        HP:http://good-hs.jp



 
ページ上端へ

Copyright ©2016 JEITA All Rights Reserved.