刊行物
PUBLICATION

カートを見るカートを見る

JEITA鉛フリー化活動成果報告会2010

A4判 108頁(2010年7月発行)
頒価会員5,238円 会員外10,476円
知的基盤部

2010年7月9日に開催された「JEITA鉛フリー化活動成果報告会2010」の報告書。
当協会では、「電子実装技術委員会」の下部組織である「実装技術標準化専門委員会」を中心に1997年から実装に係わる技術の鉛フリー化活動に取り組んでおり、その活動成果については、毎年報告会を開催し、広く公表してきたところである。
今年もこの一年間の活動について、鉛フリー化活動に直接携わってきた当事者から、大きく三つの活動について報告いただいたもので、以下の内容で構成されている

  • ET-7411「微小表面実装部品のはんだ付け性試験方法(平衡法)」の制定について
  • ET-7407A「CSP・BGAパッケージの実装状態での環境及び耐久性試験方法」改正の特徴
  • 鉛フリーはんだの熱疲労寿命予測に対するCoffin-Manson式の適用について
  • ET-7305「錫ウィスカ抑制鉛フリー材料選定ガイドライン」制定について
  • METIプロジェクト「鉛フリーはんだを用いたフローはんだ付け機器の損傷抑制技術の評価試験方法標準化」の取り組みについて
  • ステンレス鋼表面処理材の健全性評価と損傷挙動評価
  • フロー槽損傷のシステム的抑制と損傷の定量評価方法の開発
  • 鉛フリーはんだによるステンレス鋼損傷試験方法のラウンドロビンテスト結果について
  • 鉛フリーはんだによるステンレス鋼損傷への微細組織の影響
  • ET-7304A「ハロゲンフリーはんだ材料の定義」改正について
  • Sn-Bi系はんだ接合の特徴と取り扱い上の注意点

刊行物についてのお問い合せは、JEITAサービスセンターまでお願いします。
TEL:03-5218-1086 FAX:03-3217-2725 E-mail:support@jeita.or.jp