グローバルナビゲーションへジャンプ

長年お使いの製品の調子はいかがですか? 傷んでいませんか?

電気製品は、長い間使っていると、部品の劣化や磨耗により発煙・発火や怪我の原因になることがあります。火傷や怪我などの事故を未然に防ぐために、常日頃の安全
チェックを心がけてください。

こんな症状ありませんか?
□ 電源スイッチを入れても、動作しない □ 電源スイッチを切っても、消えない・止まらない
□ 変なにおいがしたり、煙が出たりする □ 使用時の音や振動が大きくなった
□ ジージー、バチバチなど異常な音がする □ 内部に水や異物が入った
□ 電源コードに傷や破れがある □ 電源プラグが熱い、傷んでいる
◎ こんな症状に気づいたら…

事故を防止するため、スイッチを切り、コンセントから電源プラグを抜いてお買い上げの販売店または、
メーカーのサービスステーションにご相談ください。

ご家庭で長期使用しているブラウン管テレビの調子はいかがですか?

ここからグローバルナビゲーション

  • 製品の安全についてトップページ
  • 製品の正しい使い方
  • 危険な使い方にご注意
  • 長期使用製品の安全について
  • 長年お使いのブラウン管テレビ
  • リチウムイオン蓄電池と電子機器について
  • 転倒・落下防止対策について
  • 重要なお知らせ
  • 製品安全に関する自主行動計画。

ここから関連機関リンク。新ウインドウで開きます。

  • 経済産業省製品安全ガイド
  • 消費者庁
  • NITE 製品安全分野
  • (財)家電製品協会
  • 関連工業会へのリンク一覧
アクセス リンク 入会のご案内 リンクについて ご意見・ご要望 取材申し込み WEBプレスセンター