統計資料
STATISTICS

検索エンジンご利用にあたって
統計資料
 1.2018年 民生用電子機器国内出荷実績(金額)

3月の概況

民生用電子機器の3月国内出荷金額は1,297億円(前年比97.1%)となった。また、有機ELテレビを含めた国内出荷金額は1,338億円となった。2017年度計は1兆2,804億円(前年比96.3%)となった。(※ただし、2017年度計には有機ELテレビは含まれていない。)


映像機器は598億円(前年比94.7%)となった。2017年度計は6,188億円(前年比95.7%)となった。


オーディオ関連機器は80億円(前年比80.2%)となった。2017年度計は892億円(前年比91.7%)となった。


カーAVC機器は619億円(前年比102.4%)となった。2017年度計は5,725億円(前年比97.7%)となった。

 
製品別の動向
  • 薄型テレビは474千台(前年比95.1%)となった(※ ただし、有機ELテレビは含まれていない)。
    サイズ別では、29型以下が114千台(同90.8%)、30〜36型が131千台(同101.1%)、37〜49型が138千台(同87.6%)、50型以上が90千台(同106.5%)となった。サイズ別構成比は、29型以下が24.2%、30〜36型が27.7%、37〜49型が29.1%、50型以上が19.0%となった。
  • 4K(対応)テレビは167千台(前年比114.3%)となった。薄型テレビに占める割合は35.3%となった。4K(対応)テレビの出荷金額は273億円、薄型テレビの出荷金額420億円に占める割合は64.9%となった。
  • 4K(対応)テレビの2011年の発売開始から3月までの出荷台数の累計は400万台を突破し、408万台となった(※ ただし、有機ELテレビは含まれていない)。
  • ハイブリッドキャスト対応テレビは196千台(前年比103.5%)となった。薄型テレビに占める割合は41.4%となった。
  • 有機ELテレビは出荷数量11千台、出荷金額41億円となった。
  • また、有機ELテレビを含めると、薄型テレビは484千台、4K(対応)テレビは178千台(薄型テレビ全体に占める割合は36.7%)となった。有機ELテレビを含めた4K(対応)テレビの出荷金額は314億円(薄型テレビ全体の出荷金額461億円に占める割合は68.1%)となった。
  • BDレコーダ/プレーヤは198千台(前年比98.3%)となった。
  • デジタルビデオカメラは59千台(前年80.5%)となった。
  • システムオーディオは113千台(前年比95.8%)となった。
  • スピーカシステムは63千台(前年比99.4%)となった。
  • ICレコーダは83千台(前年比103.0%)と3ヶ月連続プラスとなった。
  • ラジオ受信機は93千台(前年比81.9%)となった。
  • ステレオヘッドホンは733千台(前年比89.5%)となった。
  • カーナビゲーションシステムは633千台(前年比102.1%)と3ヶ月連続でプラスとなった。
  • カーAVメインユニットは223千台(前年比90.2%)となった。
  • カースピーカは2,445千台(前年比103.7%)と4ヶ月連続でプラスとなった。
  • ETC車載ユニットは347千台(前年比96.6%)となった。ETC2.0(DSRC)対応車載ユニットは85千台(前年比95.5%)となった。
 
ページ上端へ