中文ENGLISH中文    会員サイトへ アクセス
検索エンジンご利用にあたって
統計資料
 1.2016年 民生用電子機器国内出荷実績(金額)

12月の概況

民生用電子機器の12月国内出荷金額は1,538億円(前年比107.7%)となった。2016暦年計は1兆3,111億円(前年比102.2%)となった


分野別に見ると、映像機器は925億円(前年比107.2%)となった。2016暦年計は6,480億円(前年比100.8%)となった。


オーディオ関連機器は130億円(前年比102.4%)となった。2016暦年計は946億円(前年比98.4%)となった。


カーAVC機器は483億円(前年比110.0%)となった。2016暦年計は5,685億円(前年比105.1%)となった。


 
製品別の動向
  • 薄型テレビ計は641千台(前年比95.8%)となった。
    サイズ別は、29型以下が154千台(同87.2%)、30〜36型が141千台(同70.7%)、37〜49型が219千台(同119.6%)、50型以上が126千台(同115.9%)となった。
    また、サイズ別構成比は、29型以下が24.1%、30〜36型が22.0%、37〜49型が34.2%、50型以上が19.7%となった。
  • 4K(対応)テレビは225千台(前年比190.4%)となった。薄型テレビ全体に占める割合は35.1%となった。4K(対応)テレビの発売開始以降、累計200万台を突破した。また、4K(対応)テレビの出荷金額は、410億円となり、薄型テレビ全体出荷金額631億円に占める割合は65.0%となった。
  • ハイブリッドキャスト対応テレビは280千台(前年比117.5%)となった。薄型テレビ全体に占める割合は43.7%となった。
  • BDレコーダ/プレーヤは427千台(前年比106.6%)と2ヶ月連続でプラスとなった。
    その内訳は、BDレコーダが348千台(同108.5%)、BDプレーヤが79千台(同99.1%)であった。
  • DVDビデオは60千台(前年比78.7%)となった。
  • デジタルビデオカメラは86千台(前年比97.4%)となった。
  • ラジオ受信機は122千台(前年比85.5%)と3ヶ月連続でマイナスとなった。
  • ICレコーダは67千台(前年比65.4%)と3ヶ月連続でマイナスとなった。
  • システムオーディオは151千台となった。
  • スピーカシステムは87千台となった。
  • ステレオヘッドホンは948千台(前年比99.6%)となった。
  • カーCDプレーヤは192千台(前年比102.9%)と2ヶ月連続でプラスとなった。
  • カーAVメインユニットは225千台(前年比100.4%)と9ヶ月ぶりのプラスとなった。
  • カーナビゲーションシステムは489千台(前年比118.2%)と9ヶ月連続でプラスとなった。
    ソース別構成比は、フラッシュメモリが99.3%、HDDタイプが0.7%であった。
  • ETC車載ユニットは257千台(前年比95.3%)と3ヶ月連続でマイナスとなった。
    ETC2.0(DSRC)対応車載ユニットは、93千台(前年比267.7%)と9ヶ月連続でプラスとなった。

※2016年4月より統計体系の大幅な変更を行ったため、前年比は参考値となります。
詳細については、こちらをご参照ください。

 
ページ上端へ

Copyright ©2016 JEITA All Rights Reserved.