統計資料
STATISTICS

検索エンジンご利用にあたって
統計資料
 2012年9月パーソナルコンピュータ国内出荷実績
  
図 1
[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。
地上デジタルテレビ放送受信機
図 4
[注]
1.四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。
2.チューナ「内蔵」とは、PC本体に同梱の場合も含む。
3.地上デジタルチューナとワンセグを同時に内蔵している場合は地上デジタルチューナ内蔵としてカウント。
 
パーソナルコンピュータ国内出荷 9月の概況
9月の出荷台数は109万8千台(前年比100.9%)であった。うちデスクトップ:29万4千台(同89.6%)、ノート型:80万5千台(同105.8%)であった。ノート型比率は73.3%となった。
法人向けにおいてリプレース需要が堅調であったことが全体をけん引し、3ヶ月ぶりに前年同月実績を上回った。
出荷金額は685億円(前年比89.3%)となった。うちデスクトップ:185億円(同78.4%)、ノート型:500億円(同94.1%)であった。
第2四半期(7〜9月)の出荷台数は266万4千台(前年比93.4%)であった。うちデスクトップ:73万8千台(同85.2%)、ノート型:192万6千台(同96.9%)であった。ノート型比率は72.3%となった。出荷金額は1,772億円(同81.0%)であった。
上半期(4〜9月)の出荷台数は546万2千台(前年比100.8%)と現行体系となった2007年度以降で過去最高実績を記録した。うちデスクトップ:145万3千台(同88.8%)、ノート型:400万9千台(同106.0%)であった。ノート型比率は73.4%となった。出荷金額は、3,883億円(前年比89.1%)であった。
個人向けは、前年の上半期が好調に推移していたことや、10月に予定されている新OS発売に伴う買い控えがやや影響したが、法人向けの堅調なリプレース需要が大きく貢献した。
 
調査対象
2012年度
自主統計
参加会社
Apple Japan(同)、NEC、オンキヨー(株)、セイコーエプソン(株)、ソニー(株)、
(株)東芝、パナソニック(株)、(株)日立製作所、富士通(株)、
三菱電機インフォメーションテクノロジー(株)、(株)ユニットコム、レノボ・ジャパン(株) 
計12社
 

 
 
ページ上端へ