グローバルナビゲーションへジャンプ

地震等での製品の転倒・落下による
けがなどの危害を軽減するために、転倒・落下防止対策を行ってください。


転倒・落下防止対策の実施例

印刷用PDF


 

設置上の注意

  • 製品の取扱説明書に従って、転倒・落下防止対策を行なう。
  • 高いところに製品を置かない。
  • 不安定なところに製品を置かない。
  • 台から製品をはみ出して設置しない。(製品より大きい台を使用)
  • 万一転倒した場合に備えて、就寝場所や避難障害となる所に製品を置かない。

転倒・落下防止対策

  • 転倒防止バンドや丈夫なひもなどで台や壁・柱などに固定する。
  • 粘着性マットを利用する場合は重量、台座の形状のほかに底面の凹凸にも注意する。
    (凹凸が大きいと粘着しない)
  • 壁等とヒートンで固定する場合は壁の強度と、テレビの重量に耐えるヒートンやひもの太さ、強度を確認する。
  • 製品台を使用する場合は、可能な限り床や壁などに固定する。

ここからグローバルナビゲーション

  • 製品の安全についてトップページ
  • 製品の正しい使い方
  • 危険な使い方にご注意
  • 長期使用製品の安全について
  • 長年お使いのブラウン管テレビ
  • リチウムイオン蓄電池と電子機器について
  • 転倒・落下防止対策について
  • 重要なお知らせ
  • 製品安全に関する自主行動計画。

ここから関連機関リンク。新ウインドウで開きます。

  • 経済産業省製品安全ガイド
  • 消費者庁
  • NITE 製品安全分野
  • (財)家電製品協会
  • 関連工業会へのリンク一覧
アクセス リンク 入会のご案内 リンクについて ご意見・ご要望 取材申し込み WEBプレスセンター