中文ENGLISH中文    会員サイトへ アクセス

JEITAの活動と組織 ― JEITAとは ―

一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)とは

一般社団法人 電子情報技術産業協会 (JEITA: Japan Electronics and Information Technology Industries Association)は、2000年11月に社団法人日本電子機械工業会(EIAJ)と社団法人日本電子工業振興協会(JEIDA)が統合して発足しました。電子機器、電子部品の健全な生産、貿易及び消費の増進を図ることにより、電子情報技術産業の総合的な発展に資し、わが国経済の発展と文化の興隆に寄与することを目的としたIT・エレクトロニクス分野の業界団体です。

IoTやビッグデータ、人工知能(AI)等の技術の進展により、産業構造や社会構造が大きく変わりつつあるなか、IT・エレクトロニクス産業は、わが国の経済成長ならびに社会の高度化を支える基盤として、重要な役割を担っています。

JEITAは、高度な情報活用による社会課題の解決や豊かで快適な社会の実現に向け、課題の検討や政府への提言など、スピード感を持ってサイバーフィジカルシステム(CPS)/IoTの社会実装の推進に取り組んでまいります。

JEITAの主な対象分野

JEITAの主対象分野

JEITAの主な取り組み

JEITAの主な取り組み

Copyright ©2017 JEITA All Rights Reserved.