中文ENGLISH中文    会員サイトへ アクセス
HOME > 刊行物 > 電子部品 > 電子部品のSPC実施ガイド
刊行物
購入一覧
電子部品
電子部品のSPC実施ガイド
A4判 34頁(2017年9月発行)
頒価  会員 3,240円  会員外 6,480円
電子部品部

概要:
 電子部品部会傘下の信頼性技術強化WGでは、“電子部品のFMEA実施ガイド(2016年9月)”に続き、“電子部品のSPC実施ガイド”を策定いたしました。
 SPC(統計的工程管理)の手法は、半世紀以上前の1950年代に日本に紹介され、日本製品の品質向上に大きく貢献してきました。それまでの完成品を全数検査して良品、不良品に分ける方法から、製造工程のデータを基に工程の変化をいち早く知り、不良品を作らないようにするというこの方法は画期的なものでした。現在では、自動車産業向けの品質マネジメントシステムの技術仕様であるIATF 16949:2016において、コアツールの一つとしてサプライヤーへの要求事項となっています。
 SPCが手法として広く一般的に知られるようになってきたと思われる反面、統計を使うために内容を理解し難いとか、どのように判断すればよいか分からないという声を聴くことがあります。
 本ガイドはこれらのことに鑑みて、SPCを実施する意味と、目的に合わせてどのように実施するのかを詳細に解説しています。本ガイドを活用することによって、日本の電子部品の品質・信頼性が、さらに高まることを願っております。

目次(抄):
 1 序文
 2 SPCとは
 3 SPCの目的
 4 管理図
  4.1 管理図とは
  4.2 管理図の種類
  4.3 管理図選定での注意
  4.4 管理図の作り方
  4.5 管理状態の判定
  4.6 特殊な管理図
 5 工程性能及び工程能力
 6 おわりに
 7 参考文献



 

Copyright ©2016 JEITA All Rights Reserved.