本文へジャンプ
検索エンジンご利用にあたって
HOME > 刊行物 > 通信機器・電気計測器・医療機器 > 医療機器ソフトウェアの最新動向セミナー テキスト (IS-15-ME-02)
刊行物
購入一覧
通信機器・電気計測器・医療機器
医療機器ソフトウェアの最新動向セミナー テキスト (IS-15-ME-02)
A4判 130頁(2016年2月発行)
頒価  会員 7,560円  会員外 10,800円
インダストリ・システム部

本書は、2016年2月5日に開催された「医療機器ソフトウェアの最新動向セミナー“サイバーセキュリティ、リスクマネジメント、ライフサイクルプロセス、その理解と適用について”」で配付したテキストになります。
※セミナーWebページはコチラ

■ セミナー当日 プログラム概要
 ・医療機器ソフトウェアを取り巻く標準化の動向
  − IEC62304 Amd1, ED2, IEC82304-1, IEC80001シリーズ −
   医療用ソフトウェア専門委員会 幹事 高橋 英成(オリンパスソフトウェアテクノロジー株式会社)

 ・医薬品医療機器法と医療ソフトウェア
  − 該当性の判断とライフサイクルプロセスの適用 −
   医療用ソフトウェア専門委員会 委員 北尾 由之(日立アロカメディカル株式会社)

 ・医療機器ソフトウェアのリスクマネジメント
  − ISO14971の理解とその適用 −
   医療用ソフトウェア専門委員会 委員 飯島 直人(株式会社島津製作所)

 ・医療機器へのソフトウェアライフサイクルプロセスの適用
  − IEC 62304の理解とその適用 −
   医療用ソフトウェア専門委員会 幹事 関水 英正(フクダ電子株式会社)

 ・医療機器に必要なサイバーセキュリティ対策
  − 国内外その考え方,動向について −
   医療用ソフトウェア専門委員会 幹事 酒井 由夫(日本光電工業株式会社)

 ・医療機器ソフトウェア開発に有効なソフトウェアツール
  − カバレージ,トレーサビリティの理解とその適用 −
   医療用ソフトウェア専門委員会 委員 前田 宗泰(日本アイ・ビー・エム株式会社)